株式会社 ソーラーポスト

〒960-8204 福島県福島市岡部字大蔵52-3

TEL (024)535-5741 / FAX (024)535-5731

Copyright © Since 2000.SOLARPOST. All rights reserved.

  • Facebook SOLARPOST
  • Facebook SOLARPOST
友達追加 画像.png

2019年に売電終了となるお客様へ

資源エネルギー庁のホームページにも掲載されましたが、

2009年以降に太陽光発電システムで売電をしている皆様の

固定価格での買取期間が、2019年11月以降で順次、満了するというものです。

 

2009年に開始された買取制度は、太陽光発電で作られた電力のうち、
余剰電力が買取対象となる制度です。10年間の買取期間が設定されており、
2019年以降順次、買取期間の満了をむかえることになります。

 

◆例.

  • 2009年10月以前に売電を開始した方は2019年11月に満了。

  • 2009年11月に売電を開始した方は2019年11月に満了。

  • 2012年11月に売電を開始した方は2022年11月に満了。

買取期間終了後の選択肢

①自家消費 

蓄電池やエコキュート、電気自動車と組み合わせて自家消費する

 

A.家庭用蓄電池を購入して、太陽光発電でまかなえる電力を増やす

昼間に発電して、電気製品などの電力に使用しつつ、余った電力を蓄電池に貯めることで、夜間に使用することができます。

 

B.プラグインハイブリッド自動車、電気自動車を購入し、発電した電気を自動車の動力等に使う​

昼間に発電した電気を、電気自動車などに充電することで、自動車の動力や家庭の電気製品などの電力として、使用することができます。

 

 

②相対・自由契約

小売電気事業者に相対・自由契約で余剰電力を売電する

 

自分の買取期間が満了する時期や、満了後の買取メニューはいつわかるの??

 

▼買取期間の満了時期

ご自分の買取期間満了時期については、現在、電力を買取っている電力会社等から、個別に通知されます。
通知の時期は、電力会社等によって異なり、先行して通知されるケースもありますが、おおむね、買取期間満了の6~4ヶ月前です。

 

▼具体的な買取メニューは、2019年4月以降に発表されます。

具体的な買取メニューについては、電力会社等から、先行して発表されるケースもありますが、現在、電力を買取っている電力会社等からは、おおむね、2019年4月~6月ごろ発表される予定です。

買取満了後の買取単価はどのくらいになるの??

▼現在の売電単価よりも大幅な低下が予想されています。

2009年以前に太陽光発電システムを設置されたお客様は48円という高価な金額で売電されていますが、大幅な低下が予想されております。これまでは売電をすることで太陽光発電システムを上手に活かしてきましたが今後は違う使い方を検討する必要があります。

▼太陽光発電システムは30年以上の長期で使用することができます。

太陽光発電システムの固定買取期間は10年間ですが、太陽光発電システムはメンテナンスをきちんと行えば30年以上使える製品と言われております。パワーコンディショナなどの精密機器に関しては、10年〜15年で修理や交換が必要となってきますが、太陽光発電パネルについては長期使用が可能です。

▼固定買取価格終了後こそ太陽光発電システムを有効活用すべき

固定価格買取制度は太陽光発電システムの普及を目的とした制度で、10年間でほぼ回収された太陽光発電システムをこれから上手に有効活用することで、お客様の光熱費高騰による家計のご負担を助けることができます。

ソーラーポストは蓄電池・太陽光発電の専門店として、ささいなご相談もお受けいたします。

 

●ホームページを読んでもいまいち意味が分からない。

●自宅の太陽光発電システムの売電終了時期がいつかわからない。

●そのままにしていると売電できなくなるの?

●蓄電池の使い方がよくわからない。

●10年過ぎた以降の売電金額ってどのくらいなのか。

●自宅にはどの蓄電池があるのかわからない。

 

など、些細なご質問でも構いませんのでお気軽にご相談いただければと思います。

お問い合わせはフリーダイアルで ✉は24時間受付中