top of page

【NEWS】12月から電気代上昇!燃料調整費の上限撤廃について


東北電力から下記の発表がありました。



【対象者】オール電化などで時間帯別の電気料金契約をしている方

【内容】2022年12月分電気料金から見直し後(上限なし)の「燃料費調整単価」が適用となるため、燃料価格の高騰が続いた場合には負担増加が見込まれる

となります。


【燃料費調整単価(低圧)の推移】



          出典:東北電力(https://nenryohi-chosei.tohoku-epco.co.jp/)


上の図にあるように燃料調整費は

2021年4月分では

ー2.48円/kWhとマイナス

むしろ電気料金が若干安くなっておりましたが、

そこからどんどん燃料調整が上昇し、

2022年6月分から

上限の3.47円/kWh

が続いております。


これまでは上限設定があり、

最大でも3.47円/kWh

で済んでいましたが、昨年今年の

地震の影響による発電設備の損傷や、

ロシアウクライナ情勢による燃料価格高騰を受け、


2022年12月よりこの上限設定がなくなるという

発表となりました。


上の図の上限なし列を見ると、

2022年6月から差額がでており、

2022年11月の燃料調整費が

上限なしの場合、燃料調整費として、


12.57

が消費者負担となってきます。



【5人家族 オール電化 よりそう+ナイト12のお客様の例】

下部に記載のある燃料調整額という部分が今回の対象になります。


2022年8月の燃料調整費

3.47円/kWh×使用量685kWh

=2376.95円

という計算となっています。


2022年12月の燃料調整費を計算すると

12.57円/kWh×使用量685kWh

8610.45円

(+6234円の上昇)



上記のように仮に使用電力が

685kWhの家庭の場合、

昨年の12月と比較すると

2021年12月  0.31円/kWh

⇒2022年12月 12.45円/kWh


およそ8,316円

電気料金増!となります。


年間にすると約99,792円でほぼ10万円の増。さらに値上がりすればもっと増えていく計算になります。

びっくりする金額ですよね。。10万円あれば家電なども買えちゃいますし、ちょっとした旅行にも行けてしまいます。


自分で使う電気を自分で作れば、高い電気料金を支払わなくて済みます。

自然災害も増えておりますので、防災対策としても安心です。


2022年12月からの

電気代高騰に備えるためにも、

太陽光発電と蓄電池で

生活防衛してみてはいかがでしょうか!



 

弊社では、お客様の屋根に最適なご提案の為に、一軒一軒現調し、

シミュレーションを作成してご提案しております。



太陽光発電・蓄電池をご検討の皆様お気軽にご相談・お問合せください。


 




 

ソーラーポストで設置したお客様の喜びの声が沢山届いています!



福島県は太陽光発電システムの補助金が出ます!

毎月お支払いの光熱費で太陽光発電システムが設置できるかも?

毎月の光熱費が高くてお困りの方は無料シミュレーションをしてみてください。



 


閲覧数:581回

Comentários


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
bottom of page