【NEWS】12月から電気代上昇⁉燃料調整費の上限撤廃について


東北電力から下記の発表がありました。


燃料費調整制度に係るご契約条件の見直しについて(低圧電気標準約款の変更について)~低圧自由料金プランについて燃料費調整制度における上限価格の設定を廃止します~


【対象者】オール電化などで時間帯別の電気料金契約をしている方

【内容】2022年12月分電気料金から見直し後(上限なし)の「燃料費調整単価」が適用となるため、燃料価格の高騰が続いた場合には負担増加が見込まれる

となります。

【燃料費調整単価(低圧)の推移】

出典:東北電力(https://nenryohi-chosei.tohoku-epco.co.jp/)

上の図にあるように燃料調整費は

2021年4月分では

ー2.48円/kWhとマイナス

むしろ電気料金が若干安くなっておりましたが、

そこからどんどん燃料調整が上昇し、

2022年6月分から

上限の3.47円/kWh

が続いております。


これまでは上限設定があり、

最大でも3.47円/kWh

で済んでいましたが、昨年今年の

地震の影響による発電設備の損傷や、

ロシアウクライナ情勢による燃料価格高騰を受け、


2022年12月よりこの上限設定がなくなるという

発表となりました。


上の図の上限なし列を見ると、

2022年6月から差額がでており、