top of page

【動画】太陽光発電でエコキュートを沸かすススメ

ソーラーポストのYouTube番組を公開しました!

【電気代高騰対策】太陽光でエコキュートを沸かすススメ

エコキュートを沸かす時間帯を調整することで電力消費量を抑える方法を弊社専務の尾形がシェア致します。

①では外気温が沸き上げ時間にもたらす影響について解説します。②では紹介した方法を実際に試した月の電気代を紹介します。③では最新のエコキュートでなくても時間を調整する裏技を紹介しています。

こちらの動画は注目度が高く、公開からたくさんの方にご視聴いただいております!ぜひご覧ください。


今回の動画は、専務自宅の事例をもとに説明します。

一戸建て・5人家族

太陽光パネル6kW・蓄電池13.5kWh設置


0:30

同じ冬場という条件で、夜と昼それぞれの時間帯に沸き上げた結果を比較

日付

時間帯

外気温

沸き上げ時間

消費電力

2023/02/15

夜間

ー2℃

7時間45分

11.5kWh

​2023/02/24

昼間

8℃

4時間

6kWh

同じ冬場でも、昼間沸き上げた方の消費電力が約1/2になっています。

エコキュートの沸き上げには外気温が大きく関わっており、なるべく外気温が高いときに沸き上げることが消費電力抑制に繋がることがわかります。


4:20

春の日中沸き上げた場合

日付

時間帯

外気温

沸き上げ時間

消費電力

2023/05/18

昼間

32℃

2時間40分

4kWh

日中暑ければ暑いほど、消費電力は少なくすみます。

※日々のエコキュートの使用水量には差がある場合もありますので、一概にその通りにはならないことをご了承ください。

この日は10時半ごろには蓄電池が満タンになっており、余剰電力でエコキュートを沸かしています。5月はほぼ電気を買わない生活になります。


7:38

2023年5月の電気料金


この月は実際には580kWhほど電気を使用しています。エコキュートを昼間沸かしたり、夜間は蓄電池に貯めた電気を使用することで、電気代を抑制することができました。


今回ご紹介したのは、太陽光発電ありきの方法となります。一戸建ての方は、太陽光発電システムだけでも導入していただくと、電気代の削減に寄与すると思います。


9:49

【おまけ】おひさまエコキュート機能がないエコキュートを無理やり昼間沸かす方法 

※次の日が雨などの悪天候の場合は、寝る前に沸き増しボタンを押してください

 

弊社では、最大限光熱費を削減するためのご提案をしております。

電気代が高くなった今、太陽光パネルと蓄電池を設置してよかったというお声をたくさんいただいております!

ホームページからもお問い合わせを受け付けております。お気軽にご相談ください!


●ソーラーポストは、最新情報をSNSで配信中です!ぜひご覧ください。




閲覧数:319回

Comments


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
bottom of page